来るべき日に向けて仕事部屋の整理を開始。 大量に存在する本と雑誌はどうしたものでしょう。

と、小一時間考えた結果、2006年以前に出版されたものは押入れに詰め込む。次の引越しのときに整理することにした。 いやー、役に立たないとはわかっていても、安月給でがんばって買った本たちをなかなか捨てられないんですよ。 技術書って高いですしね。 とりあえず、5年以上前のJavaWorldが数冊あったんで、それは廃棄。

1990年代のギャロップは捨てれず。意外とかさばるのが講師用のテキスト。大きさもまちまちで、どっちかというとA4よりも大きい冊子ばっかりで、いい紙使って作っているんで、重い。 しかし、書き込みもあるし、今後、使いそうだし。ってんで捨てれず。 子供が小さい間は講師はできない感じもしますが・・・。

受けたら最後、絶対に替えが効かない仕事が多く。 ドタキャンなんてありえないんで。 自宅から会場が遠い場合も多いですしね。 講師って、数日で一定の達成感が得られるんで好きなんですけどね。 そんなわけで、本を押入れに詰め込んだところで中断中。

あとは棚を動かしたりしないと・・・。その前に棚の上のサーバとかプリンターとかのコードをはずして・・・。あー。