いろいろあって、転職したのも2ヶ月前。転職先はPythonコミュニティと深い関わりがある会社ってことできっと社員全員参加するに違いないと思い、ちょうど、PyCon JP 2015のEirly bird(早い時期の前売り券)が売っていたので購入しました。結果、全員はいなかったけど、買ってよかったです。 カンファレンスはなんのためにあるのか?

いろいろな理由はあると思いますが、頑張っている人たちや活気に触れて自分のモチベーションを上げるためにあると私は考えています。また、いろんな人に会えるので人脈が広がったりします。(たぶん)

今日参加してみて、もっと知識を増やしたい!とばっちりモチベーションが上がりました。

他のカンファレンスと違って一体感を得られるイベントがたくさん用意されていたのがPyConJPの特徴のように感じました。登壇者の話を受け身で聞いて終わりじゃない!

  • 全員でランチ:席も用意してあるので、知らない人と相席してちょっとしたお話をする。
  • 懇親会の料金が込みの会費:懇親会も殆どの人が参加して、人脈の我が広がります。
  • オープンスペースでの自由なセッションを開催できる:数枠ですが、当日、本番で自分が知っている話を話せます。端っこで聞いているだけでも、一緒に参加している人と仲良くなれます。
  • じゃんけん大会:最後にじゃんけんでスポンサー様の提供商品をもらえました。

他にも工夫が一杯で、コーヒーブレイクの時間に美味しいおやつも出てくるし、本当に会費足りてる?と思うほどの仕掛けでした。スポンサー様のブースも皆さんテンション高くて楽しかったです。

今年、参加できなかった方は来年1日目だけでも参加してみてはいかがでしょうか。

最後に素晴らしい会を提供してくださったスタッフと関係者と、私とお話してくださった参加者の皆様ありがとうございました!!