4月から娘が認可園に内定していたので、3月の末に九州から戻ってきました。 入園準備をやり続けて、慣らし保育とかもあって、やっと来週から落ち着きそうです。

特殊なサイズの布団カバーも3セット縫い終わりました。もう、肩と腰が痛いです。縫物で生計を立てている方を尊敬します。

ところで、のほほんとしてますが、これまで漠然とこの平和が死ぬまで続いて、年金は今の老人よりも少ないだろうけど、つつましく暮らしていたら、まぁ、ぼちぼちの老後が送れて、子供達も大学くらいは出て、どこかに就職して、結婚して、孫を連れて遊びに来てくれるといいな。年に1回は旦那と旅行したいなぁ。。なんて思っていたのですが、、、、

なんだか、『大多数の人が幸せな夢の国日本』は終わりを迎えてしまいそうな感じですね。

これからは今よりも生活水準が落ちる人が出て、治安も悪くなって(外国人が減って、逆に良くなる??)、なんだかみんな貧乏な感じになるんでしょうか。

世界や国の未来のことを考えるほどの脳が無いのですが、不幸にならないように目の前にあることを頑張っていかないといけないと思っています。

とりあえず、旦那の給料がUPしたら楽隠居計画は破たん寸前、風前の灯です。力の限り、家族を不幸にしない程度には頑張って働かないといけないし、何かあった時に備えないといけないと思っています。

子供たちが死ぬまでには、戦争か、革命か、下手したらどっかの国の植民地になっているかもしれません。

人生の折り返し地点に立って、日本じゃなくてもどこでも生きていけるようになりたいなと思ってます。

とりあえず、英語を普通に話せる人に早急になろうと思っています。