ところで、所得税っていくらくらい用意しておけばいいのだろう? と、思い、計算してみる。 首都圏コンピューター技術者協同組合では所得税用に7%を毎月積み立て! とあったので、100万円で7万円くらい?と思っていたのだが、どうも違うらしい。 売上からいろいろ引いて、500万の収益だったとすると・・・。

500×0.2=100-33=67万円 そんなわけで67万円を払わないといけない。鼻血出そう。 まだ、売上がいくらかわからないが、覚悟はしておいた方が良さそう。 サラリーマンは「給与所得控除額」と言うのがあって、額面500万円くらい貰っていると

500×0.2+54=154万円(給与所得控除額) 500-154=346-60(年金とか健康保険とか)=286万円 268×0.1=26.8万円 ってことで、年間26.8万円の所得税を払っていることになる。 16ヶ月で割ると、月1万7千円くらい払っている計算だ。 たとえば、売り上げがサラリーマンの給料と同じで500万円として、同じ所得税にする為には給与所得控除と同額の154万円を経費とする必要がある。

そんなに経費かかる? 今度は経費も計算してみよう・・・。 ちなみに1000万だと

1000×0.1+120=220万円 1000万円稼いで、手元に残るのは780万円。