前の前の会社の先輩の日記を読んで。 前の前の会社が解散状態になったときから個人事業主だと思っていたんで、個人事業主においても先輩かと思っていたんですが、先日なられたらしい。

だから屋号とかかんがえていたのか。納得。(と言っても、屋号無しでも個人事業主登録できます。) おめでとうございます!!

そんなわけで、たまにはいろいろ考えてみる。

個人事業主の生き方としては複数あると思う。

  1. 会社設立を目指しているが、資金作り&人材確保&メインの事業を考える為のモラトリアム期間としての個人事業主。

  2. ずっと一人でやっていくことを心に誓った(?)、SOHO的個人事業主。

  3. 派遣とあまり変わらない働き方の個人事業主。(一つの会社から仕事を貰い続ける人)

他にもあるかと思いますが、私の知り合いには1.の人が圧倒的に多いです。大学の先輩の某社長も1年個人事業主として準備なさった後に会社を起こされましたし。現在、個人事業主でも着々と登記の準備している人も沢山います。

個人事業主になる前は2)の人が多いと思っていたんですが、2.よりは3.の人が多い気がします。

ちなみに私は2ですが、ずっと一人でやるかは謎です。 個人事業主の利点は

  • 仕事を自分で決められる。

  • 同じ仕事でも会社員より収入が多くなる(はず)

くらいだと思います。

しかし、3.だと自分で仕事を決めてないので、だったら正社員の方が良くない?と思います。

私が思うのは営業しないなら、営業さんがいる会社に入った方がいいかなと思っています。 はっきり言って営業はめんどくさいです。

いつもいい仕事があるわけではないので、仕事がもらえそうなところと定期的に連絡を取る必要があります。(忘れられないように。)仕事って欲しいって言ってたな。あの人ならやれそうだな。って人のところに真っ先に飛んでくるんで。

用事も無いのに定期的に年賀状とか暑中見舞いを出したり、メールしたり。飲み会に参加したり(これは好きですがw) だから、同じ仕事をして会社員よりトータルの収入が1.5倍以上、得られないような仕事の営業はしてはいけないと心に誓って営業しています。だって、営業分の利益も上げないといけないから。

例外的にお世話になった人と最初の仕事では利益度外視で仕事を請けるときもありますが。 成果が実って、あちらから依頼が来るようになると本当に嬉しいですね。あ、信頼していただけたんだ!良かった!と思います。また、一つの仕事が終わって、新しい仕事を出していただけた時もうれしいです。お中元とか贈っちゃいます♪ 取引先の金払いと縁の切れ目のタイミングについても書こうかと思ってましたが、話がまとまないので、また今度。ってなにが書きたかったんだ??