Automatic Reference Counting (ARC) for Objective-Cによって、メモリ管理をコンパイラの仕事にします。新しいApple LLVMコンパイラでARCを有効にすると、retainまたはreleaseを再度タイプする必要がなくなり、クラッシュやメモリリークを減らすと同時に、開発プロセスを飛躍的に簡素化します。コンパイラはオブジェクトを完全に理解し、もはや使われていない各オブジェクトを瞬時にリリースします。その結果,アプリケーションは、予測可能で滑らかな操作性を備えて、これまで以上に速く動作します。

ARCという機能が増えたみたいです。 便利だ。

JavaとかPHPとか書いている私には素敵機能!だって、絶対忘れるもん。